強迫性障害に勝つ│知っておきたい症状と解決方法

定義を知る

医者

医師に相談を

強迫性障害とは、不安障害に該当する精神疾患の一種です。強迫性障害なのかを判断する際には、強迫観念と、強迫行為の2つの症状のうち、どちらか一方だけでも症状が出ていないかを確認する必要があります。強迫性障害は男性、女性の区別なく発症する可能性があり、患者の半数近くは、男性が6歳〜15歳、女性が20歳〜29歳で発症。35歳以降では発症することは少ないと言われています。「性格の問題で病気ではない」と自己判断して病院に行かないケースも多いため、もし強迫観念や強迫行為に当てはまるものがあれば、専門家に診断してもらうことが重要です。

事例を確認

強迫性障害の症状の一つである強迫観念は、頭に浮かぶ考えやイメージ、衝動などが頭から離れなくなり、不快感や不安感を生じさせる症状のことを指します。例えば自分や他人を傷つけてしまうかもしれないという恐れやバイ菌や汚れに対しての過剰な心配、外見に関する異常な心配や物の位置、数字などへの拘りなどに対して異常に反応してしまう事が、強迫観念の事例として挙げられます。強迫性障害のもう一つの症状である強迫行為は、頭に浮かぶ不快感や不安感を一時的に打ち消けそうとする行為のことを指します。例えば何度も手や歯を磨く行為、戸締まりや電気の消し忘れなどを何度も確かめてしまう行為、他にも自分や他人に危害が及ぶのではないかと心配して、ニュースを見たり家族や友人に電話等をしたりして確認する行為などが、強迫観念の事例として挙げられます。脅迫行為は、頭の中にある強迫観念が消えるまで続くので、同じ行動を繰り返すのです。