強迫性障害に勝つ│知っておきたい症状と解決方法

症状で確認する

辛そうな女性

診断チェック

診断チェックというのは、その名の通り、自分自身が強迫性障害に掛かっているかどうかを調べる為の方法です。もし、ほんの少しでも強迫性障害の疑いをお持ちになられていましたら、早いうちに診断チェックをされることをオススメいたします。診断チェックには複数の項目があるので、その一つをご紹介いたします。

攻撃的になっているか

診断チェックの項目の中で、自分自身に対して攻撃的になっていないかというものがあります。例えば、食事をする際極端にフォークとナイフを使用するのを恐れたり、窓ガラスの近くを通るのを恐れたりというような症状が現れていないかチェックしてみましょう。また、他人に対しても攻撃的になっていないか、抑えきれない感情を誰かにぶつけたりはしないか、という事もチェック項目に含まれています。更には、殺人などの犯罪場面を思い浮かべてしまうことも項目の一つになります。このようは、症状が当てはまる場合強迫性障害になっている場合がありますので、不安に思う方は一度意思の診断を受けてみましょう。

ご家族が支える

ご自分が強迫性障害を持っているという疑いがある場合、早めに受診されることが重要です。しかしその前に、まずご家族がしっかりと支えてあげることも大事になります。相手が苦しんでいることをご家族がしっかりと理解を示し、病気と向き合えるように勇気づけてあげることが必要なのです。そうすれば、症状も早く改善されるのではないでしょうか。ただし、ご家族の方は「気のせいだよ」「心配はないよ」と安心させるようなことを口にすると、逆に強迫性障害を悪くさせてしまうので励ます言葉の選び方には注意が必要です。