強迫性障害に勝つ│知っておきたい症状と解決方法

すぐ診察を受けましょう

同じ行動を繰り返す

ハート

強迫性障害とは、自分が思っている事と関係なく頭の中にネガティブなイメージを思い描いてしまい、何度も同じ行動をしてしまう心の病気です。例えば、家の鍵が閉まっているか不安になり何度も確認してしまうなどの行動が挙げられます。この行動は、自分で抑えようと思っていても抑えることが出来ない強迫観念を抑える為に行ってしまいます。この症状の怖い所は、自分でわかっていても行動を抑えることが出来ないということです。その原因は強い強迫観念によるものです。

心配事は誰にでもあると思います。例えば、外食をした時にこのテーブルは本当に綺麗なんだろうかと思ったり、家の戸締まりはきちんとしてきたかと気になったりする事があると思います。強迫観念はこのような心配事が自分の意志とは関係なく頭から離れなくなるなり、不安が募っていく状態です。強迫観念の中には、衛生面に関する事や安全面に関することなど様々な種類がありますが、強迫性障害による行動の繰り返しは、その種類に関係した行動を取るようになります。

強迫性障害を治す方法は、薬を投与して行動抑える「薬物療法」と行動を我慢する「認知行動療法」の2種類がありますが、どちらも根気よく続けていく必要があるので、なかなか効果が現れないからといって途中で治療をやめてはいけません。強迫性障害の治療を行う時には、焦らずゆっくり進めていこうという気持ちが大切です。また、強迫性障害に悩んでいる方の多くは、恥ずかしくて他人に相談出来ないと考える傾向がありますが、決して恥ずかしい事ではないので、勇気を持って相談する、周囲の協力を得る、ということも大切です。

-Contens-

定義を知る

医者

強迫性障害とはどういうものなのか、症状や原因を理解することが治療への第一歩になります。いまは男女関係起こりうる症状なので、早期に治療していくために症状に対して自覚することが必要になってきます。

-記事詳細へ-

原因とされるもの

女性

強迫性障害は長年心の病だと思われてきましたが、近年では研究が進み、別の要素が問題となっていることも明らかになってきました。場合によって幼少期の経験や体験が影響することもあります。

-記事詳細へ-

症状で確認する

辛そうな女性

強迫性障害は日常生活での行いの延長線上になるので、自分自身が強迫性障害に掛かっているかどうかは、なかなか判断出来ないことです。自分で簡単に調べる方法として、診断チェックというものがあります。

-記事詳細へ-

なりやすい環境

ガッツポーズ

強迫性障害のような精神的な障害についての話題では常に遺伝というキーワードが注目されます。ただ遺伝というよりも、家族にいるとなりやすい傾向にあるとされています。発症したときには根気強い治療が求められます。

高い治療効果

診察

強迫性障害は治療ができる精神疾患で、現在多く行われている治療法は認知行動療法と薬物療法の2つです。この2つを組み合わせることにより、この症状に対して効果の高い治療効果が得られます。